「世界で最もサステナブルな
エネルギー企業」、3年連続受賞

私たちみんなのふるさとである地球は、危機に瀕しています。今こそ政府や企業は気候変動の緊急事態に取り組み、地球温暖化を1.5℃に抑える必要があります。変革は簡単ではありませんが、可能です。それが私たちからのメッセージです。

昔は欧州で最も炭素集約度の高いエネルギー企業のひとつであった私たちオーステッドは、わずか10年の間にコーポレート・ナイツが主催する「グローバル100インデックス」において、3年連続で「世界で最もサステナブルなエネルギー企業」にランクされるまでになりました。オーステッドは世界中の国や企業に、風力発電、太陽光発電と蓄電ソリューション、そして再生可能な水素を提供しています。

自社の枠を超え、気候変動対策のを促す者として、私たちのストーリーが、他の人々の排出量削減やグリーントランスフォーメーションを実現するための刺激となることを望んでいます。

グリーン・エネルギーだけで動く世界を実現するために、一緒に頑張りましょう。


私たちのストーリーを読む

"私たちは、サステナビリティと経済価値の創出の間に、長期的なトレードオフはないことを証明し続けます。そして、より環境に優しい社会のため、システムの変革を促していきます”


- マッズ・ニッパー, オーステッドCEO


 

グリーン・エネルギーの、パートナーでありたい

気候変動による大惨事を避けるためには、2030年までに世界の炭素排出量を少なくとも半減させる必要がある、と科学的に言われています。しかし、排出量は年々増加し続けており、世界の排出量の73%は化石燃料からのエネルギーによるものです。
気候変動と向き合い、より持続可能な世界を実現するための私たちの主要な手段は、世界のエネルギーシステムを化石燃料から再生可能エネルギーへと転換することです。再生可能エネルギーの世界的リーダーである私たちは、クリーンなエネルギーソリューションを提供し、国や企業の二酸化炭素排出量削減の取り組みを支援しています。私たちオーステッドは、ビジネスに持続可能な変化をもたらすために、自らの変革から得た学びを共有したいと考えています。

世界で最も持続可能なエネルギー企業であるために

私たちのような規模のエネルギー企業にとって「変わること」は、もちろん簡単ではありませんでしたが、必要なことでした。気候変動対策のためのオーステッドが大事にしている目標を推進させるために重要な要素として、以下のようなものがあります。

石炭からの脱却
私たちのビジネスは、もともとは化石燃料をベースにした、ヨーロッパで最も石炭を多用する電力会社のひとつでした。しかし現在では化石燃料ビジネスを解体し、自然エネルギーに全面的に取り組んでいます。2023年には石炭の使用を完全に廃止し、2025年にはほぼ100%のグリーン・エネルギーを生産する予定です。

私たちが取り組む再生エネルギーについて

洋上風力発電
私たちは、陸上風力発電、太陽光発電、蓄電ソリューションを開発しており、また洋上風力発電においては世界的なリーダーです。洋上風力発電技術の革新と大規模な展開により、コストの大幅な削減も実現しました。現在洋上風力発電は、世界のほとんどの地域で、新たに建設される石炭やガスを使った発電所よりもコストが安くなっています。洋上風力発電をニッチな産業から、何億人もの人々にグリーン・エネルギーを提供する可能性のあるグローバルで急成長する産業へと引き上げたことは、革新的だと言えるでしょう。

次なるステップへ:サプライチェーンの脱炭素化

私たちオーステッドは、2025年までにエネルギーの生産及びオペレーションの両方において、カーボンニュートラルを達成することを目指しています。エネルギー生産に伴う二酸化炭素排出量の削減がほぼ達成された今、私たちは脱炭素化への次なるステップへと歩み始めました。オーステッドは、2032年までに天然ガスの卸売りやサプライチェーンからの二酸化炭素排出量を半減させることを約束します。そして、2040年までにカーボンフットプリントをゼロにすることを目指します。これは、SBT (Science Based Targets)にて設定された、地球温暖化を1.5℃に抑えるためにCO2排出量をゼロにするという世界的な目標を10年も早く達成したものです。

*SBT (Science Based Targetsとは、パリ協定(世界の気温上昇を産業革命前より2℃を十分に下回る水準(Well Below 2℃)に抑え、また1.5℃に抑えることを目指すもの)が求める水準と整合した、5年~15年先を目標年として企業が設定する、温室効果ガス排出削減目標のこと。

そのためには、天然ガスの卸売りを段階的に廃止し、グリーン・エネルギーの割合を増やしていきます。また、ストラテジックサプライヤーに対しては、再生可能エネルギーの製造や設置に伴う二酸化炭素の排出量を開示し、科学的根拠に基づく排出量の削減目標を設定するよう働きかけています。さらに、ストラテジックサプライヤーに対しては、風力タービン、基礎、ケーブル、変電所の製造に100%再生可能エネルギーを使用することを奨励し、再生可能エネルギーで船舶を動かすための選択肢を模索しています。


サステナブルなグリーン・エネルギーを創り出す

グリーン・エネルギーだけで稼働する世界は、気候変動に歯止めをかけ、社会の発展と経済成長を促します。私たちオーステッドが行っていることは、サステナブル、つまり持続可能な方法でグリーン・エネルギーを構築することですが、この変革がもたらす可能性についても考えています。

例えば事業戦略の中に持続可能な成長プログラムを組み込むことであったり、生物多様性への影響を管理すること、グリーン・エネルギーを建設する上でその地域社会と密接に協力することや、公正な税金を支払うこと、そして女性のリーダーシップに焦点を当て私たち自身従業員の多様性を促進すること。私たちにとっては、このようなプロセスがサステナブルなグリーン・エネルギーの創出を意味します。

FAQ
  • 世界で最も持続可能なエネルギー企業である、オーステッドの特徴とは? 

    Ørstedは、2019年、2020年、2021年と、Global 100指標において世界で最も持続可能なエネルギー企業にランクインしました。
    今年2021には、総合的に見て世界で2番目に持続可能な企業にランクインしました。これは、2020年に世界で最も持続可能な企業にランクインしたことに続き、私たちははエネルギー企業として初めて首位の座を獲得しました。
    コーポレート・ナイツ(Corporate Knights)によると、2021年のランキングにおける私たちへの評価は、以下の影響によるものです*。

    • 再生可能エネルギーによる収益の割合が高いこと(62.2%)。
    • 炭素と水の生産性を向上させ、炭素の絶対量を47%削減し、水の使用量を削減したこと
    • グリーン・エネルギーに限定した投資をしていること。Ørstedは、2025年に向けて最大300億ドルを投資します
    • 納税率、性別の多様性、従業員の有給休暇などの面で優れた業績を上げていること<
     *これらの統計は、2019年のデータに基づいています
     
  • コーポレート・ナイツ(Corporate Knights)とは何ですか?
    コーポレート・ナイツ社(Corporate Knights Inc.)は、トロントを拠点とする出版・調査会社で、季刊のサステナブルビジネス誌と、企業のサステナビリティ・パフォーマンスに基づくランキングや金融商品の格付けを行う調査部門で構成されています。コーポレート・ナイツは2005年より、世界で最も持続可能な企業の指標である「グローバルインデックス100」を毎年発表しています。これは、企業の持続可能性に関するパフォーマンスの指標として、権威があり、広く認められているものです。「グローバルインデックス100」は、毎年ダボス会議で発表されています。彼らは、ビジネスと社会の接点に焦点を当てた世界最大級の発行部数(14万7,000部以上)を誇る出版社であり、クリーンキャピタリズム・メディアの分野でも著名なブランドです。彼らのビジョンは、より良い世界を育むために市場を強化する情報を提供することです。
  • コーポレート・ナイツ(Corporate Knights)はどのような指標で「グローバルインデックス100」を選出しているのですか?
    コーポレート・ナイツは、世界で最も持続可能な企業100社を格付けしています。、このランキングは、産業、金融、IT、消費者、ヘルスケアの各部門を対象としており、これらの企業は、企業の持続可能性に関するパフォーマンスにおいて、世界の上位1%を占めています。
    コーポレート・ナイツは、「グローバルインデックス100 2021」の指標として、売上高10億米ドル以上の7,300社以上の企業を対象に、炭素と水の生産性、排出実績、納税率、役員のジェンダー・ダイバーシティなどのパラメータを厳密に評価しました。
    この分析では、評価対象企業の1%強を占めるグローバル100社の財務実績と企業寿命を、MSCIオールカントリー・ワールド・インデックスと比較しました。
    彼らによると、「グローバルインデックス100」は、持続可能な企業業績は、投資家への同等以上のリターンと、企業の長寿命化につながっている、という説明を裏付けるものです。また、CEOと平均労働者の給与比率、取締役会のジェンダー・ダイバーシティ、公正な税金の支払い、その他ランキングに反映されるさまざまな指標において、MSCI ACWI社を常に上回っているとしています。
  • ビジネスにおけるサステナビリティの重要性とは何ですか?
    企業のサステナビリティと気候変動対策は、活動家、野心的な政治家、大胆なビジネスリーダーによって、今日グローバルなニーズとして浮き彫りになっています。そして今後も、消費者の感情やロイヤルティの指針となっていくでしょう。
    世界的な気候変動という脅威に直面している今、企業はより持続可能なビジネスのやり方を模索し始めています。地域の環境、社会、経済への長期的な影響を考慮し、自社のビジネスが測定可能なポジティブな貢献をしているかどうかを問いかけています。
    ビジネスの持続可能性は、道徳的な義務であると同時に、優れたビジネス手法でもあります。環境に配慮することは、競争上の差別化要因でもあり、企業がビジネスを継続していく上での重要なポイントとなります。二酸化炭素の削減を戦略に組み込んでいる企業は、収益性が高く、長期的に持続可能な企業となる可能性があります。また、投資先企業の気候変動への影響を知りたがっている投資家にとっても、魅力的な企業となる可能性があります。
    ビジネスモデルを科学的根拠に沿って変革することにはコストがかかるかもしれませんが、実は行動を起こさないことによるコストのほうがはるかに大きいのです。世界は今、気候変動に対して行動を起こす必要があり、企業は変革の役割を果たすことになるでしょう。

    「持続可能性と財務的価値の創出の間に長期的なトレードオフはないと確信しています」 - Mads Nipper, CEO

    私たちのサステナビリティに関する評価と報告書はこちら
     

 

オーステッドのグリーン・トランスフォーメーション

私たちはかつて、石炭・石油などのブラック・エネルギーをビジネスとしていましたが、
グリーンエネルギー企業へと生まれ変わりました