オーステッドの「グリーン化」がもたらす勇気

持続可能なビジネスへ、変革の軌跡をご覧ください 

オーステッドは以前、欧州内で最も石炭を使用する電力会社でした。それが今では、世界で最も持続可能なエネルギーを供給する企業となり、再生可能エネルギーへの転換を牽引する存在でもあります。


持続可能なビジネスへの変革には、技術革新、学習曲線の急激な変化、長期的な利益をもたらした複雑な戦略的判断が不可欠でした。「化石燃料依存の持続不可能なビジネスモデルを脱却する」という決断から、真のグリーン・ビジネスを構築するまでに私たちが学んだこと、そして私たちが得た利益と機会を共有していきたいと考えています。

オーステッドはグリーン化に10年の時を費やしました。私たちの目標の根底には「化石燃料依存の事業から再生可能エネルギーの事業へと転換し、環境的にも経済的にも持続可能なビジネスモデルを見つけること」がありました。 

Mads Nipper
「社会または企業において行動を起こせる立場にある者は、実際に行動を起こす責任があります」
最高経営責任者 マッズ・ニッパー 
オーステッドが起こした変化はより大きい変化のほんの一部にすぎず、未だ目標達成にはほど遠い状況です。私たちが社会全体として、科学的根拠に従いながら二酸化炭素排出量を減らすのであれば、世界中の国々や企業は急いで気候変動対策に乗り出す必要があります。 
Henrik Poulsen
「ビジネスとは利益を追い求めるものですが、それと同時に社会にも広く貢献しなければなりません。私たちは利益の追求と社会貢献が相反するものではないことを学びました。実際には両立するものなのです」 
前最高経営責任者 ヘンリク・ポールセン 

オーステッドの変革の物語が他の企業や国々に刺激を与え、気候変動を引き起こし地球の生態系に悪影響を及ぼす温暖化を抑えるために必要なアクションをとるきっかけになることを願っています。私たちを見ればわかる通り、グリーン化は可能なことです。そしてグリーン化には、ビジネス、経済、地域社会における大きなチャンスが眠っています

グリーン・エネルギーだけで稼働する世界を創るために、ともに取り組んでいきましょう。。

Marianne Wiinholt
「それは難しい変革でした。しかし、相応しい時期に行うことで、想像をはるかに超えることができました」
最高財務責任者 マリアンヌ・ウィーンハルト

オーステッド変革の年表

時計の針を戻して、オーステッドの変革に隠された出来事や事実、そして数字を明らかにしていきましょう。