再生可能エネルギーのメリット



再生可能エネルギーとは、永続的に供給される自然資源、あるいは消費する以上の速度で補充される自然資源から生成されるエネルギーのことです。再生可能エネルギーは、気候、人々への健康、そして世界経済に大きな利益をもたらしています。

  • 再生可能エネルギーによる気候変動対策
    再生可能エネルギーへの世界的な移行は、世界経済が2050年までにカーボンゼロを達成し、世界の気温上昇を1.5℃以下に抑えるための最良の方法とされています。国際再生可能エネルギー機関(IRENA)の報告書によると、2050年までに実施される世界の脱炭素化へ向けた解決策は、90%以上が再生可能エネルギーによる取り組みであるとされています。
  • 永続的に供給できる再生可能エネルギー
    再生可能エネルギーとは、言葉通り再生が可能なエネルギーを示します。つまり、太陽はいつでも輝き、風は吹き続けているため、枯渇することはないと考えられています。風力や太陽光のように、条件により出力が変動する自然資源もありますが、蓄電技術などを利用することで電力供給のバランスをとり、より柔軟で信頼性の高い仕組みを構築することができます。
  • 再生可能エネルギーによる新たな雇用の創出
    現代社会においては、持続可能な開発こそが成功の鍵であると世界中の企業が認識しています。その結果、製造、建設、運用などの再生可能エネルギー分野において、厚待遇であり、かつ熟練した技術を要する仕事が増加しています。。国際再生可能エネルギー機関(IRENA)の報告書によると、再生可能エネルギー分野では2050年までに4,000万人以上の新規雇用が創出されると予測されています。
  • 地域社会と経済を強化する再生可能エネルギー
    再生可能エネルギーは、地域社会や地域経済の強化に重要な役割を果たします。一例として、地方の土地所有者や農家に安定した収入をもたらすことが可能です。英国のグリムスビーという小さな町では、産業が衰退してしまっていたところに、洋上風力発電が新たな機会と希望をもたらしました。
  • 化石燃料よりも低コストな再生可能エネルギー
    世界の3分の2の地域で、自然エネルギーによる電力が化石燃料による電力よりも安価になるという時代がついに訪れました。継続的な技術の進歩と規模の拡大により、再生可能エネルギーによる発電のコストが、化石燃料による発電のコストと比較して低下しているのです。これは私たちエネルギー消費者にとって素晴らしいニュースであり、地球にとってもさらに良いニュースです。
  • 再生可能エネルギーは人類の存続に必要である
    直近の研究によると、気候変動は21世紀における最大の健康上の脅威の一つであり、2018年には世界における870万人の死亡と関係していると考えられています。化石燃料の燃焼は温室効果ガスに加え、空気を汚染する有害な粒子を発生させます。これにより喘息や気管支炎、癌などの深刻な健康状態を引き起こす可能性があるのです。一方で再生可能エネルギーによる大気汚染は、ゼロに等しいと考えられています。
  • 再生可能エネルギーは開発途上国のエネルギーへのアクセスを拡大する
    エネルギーへのアクセスには大きな不平等があることをご存知でしょうか。IRENAの発表によると、10億人以上の人々が電気を利用できず、さらに10億人が電気の供給が不安定であると言われています。太陽光発電などの再生可能エネルギーは、発展途上国でのエネルギーへのアクセスと信頼性を向上させる分散型のソリューションを提供し、地域の雇用を創出する可能性があります。
  • 再生可能エネルギーを利用した技術によるエネルギー安全保障の向上
    国際エネルギー機関(IEA)が定義するエネルギー安全保障とは、「手頃な価格でエネルギー源を継続的に利用できること」ですが、政治的不安定やエネルギー供給の操作、事故や自然災害など、さまざまな要因によってエネルギー安全保障は影響を受けてしまいます。価格変動の激しい化石燃料の輸入に依存している国は、再生可能エネルギーによって、持続可能で安全な電力供給モデルを促進することが可能です。

私たちのビジョン

私たちのビジョン
グリーン・エネルギーだけで
稼働する世界を創る  
 

気候変動と戦うために。私たちの地球を守るために。