気候変動は地球上のすべて生命にとって最大の課題です。現在、世界で最も利用されているのは化石燃料です。私たちは、世界のエネルギー源をグリーンなものに変えなければなりません。

オーステッドの目標は、100%グリーンエネルギーで動く世界を創出することです。地球環境に優しく、枯渇燃料に頼らない、経済的に実行可能なエネルギー・システムを開発することで、エネルギー供給のかたちに革命を起こすことが当社の目標です。これを実現することで当社は社会の一員として、そしてすべてのステークホルダーのために価値を創造することができるでしょう。

デンマークに本社を構える当社は、ナスダック・コペンハーゲン(ORSTED)に上場し、デンマーク国が50.1%の株式を所有しています。6080名以上の社員を擁し、パートナー企業と提携して、革新的なエネルギーソ・リューションを提供することで、人々へのエネルギー供給に革命を起こします。

当社の社名はデンマークの最も著名な科学者でありイノベーターであるHans Christian Ørstedの名に由来しています。その好奇心と情熱、そして自然に対する強い関心から、1820年に電流が磁場を形成することを発見し、今日の発電の科学的基礎を築いた人物です。Hans Christian Ørstedが示してくれたこれらの価値は、エネルギー供給に革命を起こすために必要不可欠な要素です。
ブラックからグリーンへのエネルギー移行

当社が(石炭・石油などの)ブラック・エネルギーからグリーン・エネルギーへの移行を開始したのは10年前のことです。それ以来、当社は石炭使用量を73%削減、さらに炭素排出量を半減させました。
過去25年にわたり、当社は洋上風力発電の世界的リーダーとして25%の市場シェアを確立しています。当社は洋上風力発電の開発、建設、運営を行い、950万人分相当の電力を創出する洋上風力発電施設を建設してきました。2025年までに、3000万人分の電力に相当する洋上風力発電を建設することが当社の目標です。
2023年までに、石炭の使用を完全に止め、炭素排出量を96%削減します。2017年、石油とガス部門の売却により、当社は完全なグリーン・エネルギー企業への転換を完了しました。
また、当社はドイツや英国など多くの国からグリーン・エネルギーへの移行においてのパートナー企業に選ばれており、日本においての持続可能なエネルギーの未来の構築にも貢献したく思います。

100%グリーン・エネルギーに向けた当社の取り組みに関しては、Facebook、Twitter、LinkedIn、Instagram、YouTubeでフォローしてください。

100%グリーン・エネルギーで動く世界を創ることが当社の目標です。

当社の活動をご覧ください。