オーステッド、洋上風力産業開発基金を設立し、
地元の人材育成とサプライヤーの技術力向上を支援

洋上風力発電の世界的リーダーであるオーステッドは、洋上風力産業開発基金の設立を発表し、台湾のサプライヤーの技術力向上と地元の人材育成を支援する具体的な一歩を踏み出しました。

洋上風力発電の世界的リーダーであるオーステッドは、洋上風力産業開発基金の設立を発表し、台湾のサプライヤーの技術力向上と地元の人材育成を支援する具体的な一歩を踏み出しました。

このプログラムは、オーステッドが全額資金を提供し、総額6千万台湾ドルを今後18ヶ月間、金属産業研究開発センター(MIDRC)が管理・運営します。地元のサプライチェーンの専門的な技術と能力を強化し、技術のギャップと人材不足を解消し、台湾の洋上風力の健全な発展を推進するための支援を確保することが目的です。

この基金には、二つの野心的な目的があります。
- 地元の洋上風力の専門家を育成するため、地元企業への資金提供を通じて、高レベルの溶接訓練とGlobal Wind Organization の安全訓練を受けられるよう、同企業の従業員を派遣します。

- 申請を通じて選ばれた企業には、洋上風力技術のローカライゼーション推進のために最大500万台湾ドルを提供し、技術力獲得を後押しすると共に、洋上風力発電関連設備のサプライヤー又はO&M製品・サービスのサプライヤーとなれるよう、地域の洋上風力機能を促進する支援を実施します。