グリーン・トランスフォーメーションが社会経済に与える影響



 化石燃料から再生可能エネルギーへの転換は、経済成長や事業内容の変化に沿った雇用の変化や拡大など、産業全体を変え、多くの経済的チャンスを産み出しました。オーステッドの「グリーン・インベストメント」では、雇用創出のほか、再生可能エネルギーを発展させるプロジェクトを通じて、地域への影響を最大化することを目的としています。

化石燃料中心の経済活動からカーボンフットプリントがゼロの世界へとシフトすることは、雇用や経済全体への利益とともに、大きな成長の可能性に満ちています。気候変動へのアクションをさらに高めていくことで、2030年には全体として最大3700万人の雇用を生み出し、さらに発電システムを変えていくことで、世界のGDPは2050年までに2.5%上昇する可能性を秘めています。

「グリーン・トランスフォーメーション」は変化の速いグローバル市場で、持続可能な解決方法で変化していける企業に対し、多くの機会を提供するものです

低炭素エコノミーへの移行は、化石燃料に頼ったビジネスモデルの企業には挑戦となります。雇用に関しても、化石燃料に依存していた企業や地域はその影響を受けたことでしょう。化石燃料から再生可能・持続可能なテクノロジーへの転換の中で誰も取り残されないよう、官民そして地域の連携が必要です。


「グリーン・インベストメント」は雇用を創出する

国が再生可能エネルギーを展開していくことで、地域でのグリーン・トランスフォーメーションに関わる雇用と専門性、変化をサポートするための地域サプライチェーンが創出されていくでしょう。オーステッドは*IRENA(国際再生可能エネルギー機関)の算出方に基づき、我々の事業における雇用創出と、ジョイントベンチャー・パートナーからの洋上風力発電施設への投資を見込んでいます。私たちの試算では、オーステッドで設置済み、及び建設中の洋上風力発電を通じて、197,000年分の雇用が創出されると考えています。

洋上風力発電が北アメリカやアジア・太平洋地域へと広がるにつれて、オーステッドがかつてイギリス・ハンバー(Humber)やドイツ・ノルトダイヒ(Norddeich)、デンマーク・エスビャウ(Esbjerg)で経験したような、洋上風力発電プロジェクトによる雇用形態の増加、賃金の上昇、地域経済の成長といったポジティブな経済的影響が起こると予想されます。 

地域のサプライチェーンと技術の進歩

地域サプライチェーンの発展をサポートするため、オーステッドでは地域のサプライヤーが洋上風力発電プロジェクトについてわかりやすく学ぶことができ、プロジェクトへ参加することができるようにしています。台湾では、政府と共に地域のサプライヤーネットワーク作りをサポートしています。台湾の事例では、政府運営の元でワークショップやイベントを開催し、幅広い方々に対して洋上風力発電プロジェクトへの入り口を広げています。

また、オーステッドでは将来の洋上風力発電運営やメンテナンス人員を獲得するため、台湾の大葉大学と共に、初心者向けのプログラムを立ち上げました。このプログラムでは、最新の業界体験、風力タービンの運営やメンテナンス、ドローンや海洋の無人潜水艇と共に行う仕事への参加機会を提供しています。 

オーステッドのグリーン・トランスフォーメーション

私たちはかつて、石炭・石油などのブラック・エネルギーをビジネスとしていましたが、グリーンエネルギー企業へと生まれ変わりました