オーステッド・ジャパン株式会社社長に笠松純が就任

オーステッドの日本法人、オーステッド・ジャパン株式会社の新社長に笠松純が就任したことをお知らせいたします。
オーステッドの日本法人、オーステッド・ジャパン株式会社の新社長に笠松純が就任したことをお知らせいたします。

笠松純は再生可能エネルギーおよび投資銀行業界において、20年以上の幅広い専門経験と実績を有しています。前職では外資系再生可能エネルギー発電企業の日本支社長として、数多くの太陽光発電事業を開発し、成功に導きました。オーステッドが普及を推進する洋上風力発電においても、これまでに培った事業と企業経営におけるリーダーシップと、ファイナンスの経験を活用していきます。

日本のエネルギーミックスにおいて洋上風力は重要な役割を占めており、笠松純は、オーステッドの先駆的な洋上風力分野における開発実績と技術力を活かし、日本政府の再生可能エネルギーの導入目標の達成に寄与したいと考えています。また、日本や世界の人々の生活に多大な影響を及ぼす気候変動を改善するため、オーステッドのビジョンであるクリーンエネルギーだけで稼働する世界の創出に貢献していきます。

オーステッドのアジア太平洋地域総裁・代表取締役であるマティアス・ボーセンウェインは、「笠松純が日本支社長に就任することによって、日本市場におけるオーステッドと国内の主要パートナー会社やステークホルダーとのコラボレーションを強固にし、日本の洋上風力の発展を加速させることができます。それによって、オーステッドの存在感と認知が向上し、日本での再生可能エネルギー事業により貢献していく良い循環を形成できると期待しています」と述べています。

オーステッドは、太平洋地域での洋上風力発電事業をさらに推進するため、2019年に日本市場に進出しました。今年3月には東京電力ホールディングス株式会社(以下東京電力)とジョイントベンチャーである「銚子洋上ウインドファーム株式会社」を設立しており、今後、千葉県沖での「銚子1洋上風力発電プロジェクト」をはじめ、日本での事業を本格化していきます。
オーステッドメディアリレーション担当
Rachel Chan
+886 933 529 367
racch@orsted.com


垂水(たるみ)
+81 70-4078-2836
s-tarumi@dentsu-pr.co.jp