脱炭素の動きを加速するために企業と政府ができること 


電力業界の脱炭素化を実現させるため、企業と政府には今すぐやれること、やるべきことがあります。 

すべての人が今、行動を起こせば、1.5℃以上もの気温上昇を防ぐことができます。世界で最もサステナブルなエネルギー企業とされるオーステッドから、気候変動対策を進めるためのヒントをご紹介します。 


全文をダウンロード


政府ができること 


再生可能エネルギーは、世界の3分の2を占める地域ですでに、もっとも割安なエネルギーとなっています。しかし、1.5℃の気温上昇を防ぐには、今後8年間で、これまで建設されてきたすべての風力・太陽光発電施設の2倍にのぼる発電能力が必要です。 

一方で、なかには政府が十分な対応を取らないことにより、グリーン・エネルギーへの転換に大きな遅れが生じるケースも出ています。 

今、民間セクターの能力を最大限に引き出し、必要とされる規模で再生エネルギーへの転換を進めるには、各国政府は以下の対策をとることができます: 


1. 

再生可能エネルギー導入において、短期・長期の両面で、目標をより高く設定する。 
太陽光・風力発電を着実に導入し、透明性の高い市場を構築することは、コストを引き下げ、再生エネルギー産業のプレイヤーにとって、さらなる投資を行うための強い追い風となります。 

 2.

適切な土地や海底の活用をより迅速に     推進する 
再生可能エネルギーの利用を増やすには、海と陸の両方で、発電に用いることができる適切な場所を確保することが喫緊の課題です。同時に、生物多様性やエネルギー以外の用途における海や陸の活用にも配慮が必要です。 

3.  

許認可プロセスを簡潔にし、他の用途における海域利用と共存・共生をうながす 
発電所建設の許認可のプロセスは透明かつスピーディーに進められる必要があります。洋上および陸上の風力発電所や太陽光発電所の建設が合理的かつ公平に認められることで、不必要な遅延やコストの発生を避けることができます。 

4. 

電力網の改善と次世代電力網への投資 
蓄電、送電、配電のシステムを刷新し、需要と供給を一致させる必要があります。

5.

公共性の高いグリーン・エネルギーの調達
政府部門による調達(購入すること)は、世界のGDPの13%に相当します。公的プロジェクトへの入札に、気候変動への対策と、気候変動と連動するグローバルな企業基準を適用することは、再生可能エネルギー産業の持続可能な発展を支えます。 

民間企業がすべきこと


各国政府がCOP27を見据えて積極的に戦略を練る中、民間セクターも気候変動対策の水準を高めていくことが必要です。2050年までに、温室効果ガスの排出量と吸収量が同等となる「ネットゼロ」を達成することは、世界共通のミッションです。この目標に向かって、より速く、より遠くへ向かうことができる企業は、挑戦をつづけるべきです。 


1. 

科学的実証に根ざした気候変動対策に取り組む 
SBTi1のネットゼロ・スタンダードは、ほとんどの企業が少なくとも90%もの大幅な温室効果ガスの排出削減を実現しなければならないことを示しています。 

2.

透明性の高い調査報告、レポーティング
排出削減を推進するには、透明性が重要です。企業は、バリューチェーン全体で生じる気候変動への影響と、温室効果ガスの排出量を公開し、説明する必要があります。

3.

エネルギー・トランジションを加速させる
適切な政策的枠組みがあれば、企業は再生可能エネルギーの電力購入契約や、エネルギー効率の改善を通じて、より大きな規模で、電力の再生可能エネルギーへの転換=エネルギー・トランジションを推進することができます。

4.

気温上昇「1.5度」目標に取組む企業への投資
企業にとって、金融市場と投資家の存在は重要です。このため、投資家は、気温上昇を1.5度に抑える目標を達成するために行動している企業を支援することが必要です。最も高い目標に、最も速く到達できた企業が、最も大きな利益を得ることができるようにすればいいのです。

5.

気候変動対策の支援者になる
企業は、「1.5度」目標に沿った行動を提唱し、顧客、パートナー、従業員が、気候変動対策のために行動するようにうながすべきです。     

6.

高品質で認証された炭素除去のみを使用する
企業が排出する温室効果ガスを相殺(オフセット)するために使用される二酸化炭素削減量は、大気から温室効果ガスを削減さることが認定された高品質の事例(例:自然由来の製品など)を通じたものとすべきです。

7.

気候変動と生物多様性に同時に取り組むこと
生物多様性と気候変動による危機は、相互に深く影響を与えあっています。企業は気候変動対策と並行して、生物多様性の問題もネット・ポジティブ(差し引きでプラスの影響)となるような戦略をとる必要があります。